スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
コボ④
2009-08-29 Sat 09:05
拝啓、尾沢さん。

ということで、残念ながらコボちゃん甘味料をヒット商品として
世に送り出すことは出来ませんでした。
さよなら、僕らの青春をかけた壮大なプロジェクト!
さらば、エスプレッソ部長!
まあ「僕らの・・・」とか言いましたけど、
僕はクロスワードやってただけですけどね。
まあ青春なんてほろ苦いものですから、
失敗することよりもチャレンジ精神だけ買ってもらえればって事で。

互いに仲間として戦った戦友のような友情と申しますか、
秘密を共有しているからでしょうか、
ノリPとその旦那の間に築かれた絆がシャブだったのと同じように、
この事件をきっかけに コボと紳助と僕の三人は仲良くなってました。
特にコボと紳助。
コボって、ルックスが完全にオバだし、いかにも化学娘じゃないですか。
って知らないと思うけど。
まあ、要は泉ピン子を若くした感じと言えば分かりますか?
ピン子な女子大生とか嫌なので、たとえ仲良くなっても、
僕はバイト先以外ではまあ距離を置いていましたよ。
でも、コボと紳助は違ってましたね。
二人で朝まで飲んだりして。

絶対デキてると思うんですよ、なんて思って探ってみたわけですよ。
そしたら、
紳助:「コボちゃんは楽しいけど異性としての魅力はゼロだね」
とのこと。
紳助、お前、魅力ゼロは正しいとしても、
コボが楽しいって、どういうことだよ。
たまに、おかしなこと口走ることはあっても、
楽しくないし、暗い化学娘でしかないんだけど。

これは、コボの勝手な片思いかな、と思って、
恋愛初心者と思われるコボにも探りを入れてみることに。
やっぱり戦友が失恋で傷つくところなんて見たくありませんからね。
なにせブスだし。
そしたら、
コボ:「紳助さんは私の体が目当てみたいです。私は興味ありませんけど・・・」
とか、それはもう恋愛上級者というか、
上から目線で、どこからそんな自信が?と思われるような、
コメントを言い放ち。
さらに。
コボ:「紳助さんは奥さんもいますけど、体だけと割り切る事は可能ですが、ピチピチの女子大生には弱いんでしょうか」
なんか、コボ、お前どの口から?
どこがピチピチ?
ひいき目に見ても、疲れ切った専業主婦にしか見えないんだけど。
しかも「ピチピチの女子大生」とか言うのは、
オヤジのみにしか許されない発言となってますよ。
はっきり言ってあげたほうがいいんでしょうか。
ブスだってことを。

でもなんとなく、紳助の言う、コボが楽しいという意味が分かってきたような気が。

また、つづく。
スポンサーサイト
別窓 昔話 コメント:2 トラックバック:0 top↑
コボ②
2009-08-18 Tue 20:36
拝啓、尾沢さん。

の続き。

で、その日もやっぱり行方不明のコボ。
あんまり考えたくないですが、暇だからって、
トイレでオ○ニーとかしてんじゃねぇのか?
とか思い始めてました。
僕はまあ、コボの秘密の行為とかどうでもいいので、
いつも通りコボの「ナンクロ」という、
クロスワードをやって暇をつぶしていたりしていると、
興奮したコボが、
「エコひろしさん、凄いです!ちょっと来て下さい!」とか、
やっぱりオ○ニーかと思われるほど、
頬を紅潮させて満面の笑みで登場。
コボって普段絶対に笑わないじゃないですか。
って皆さん知らないと思うけど、
コボは、何が起きても決して笑わないので、
なんとか、ギャグとか言って、笑わせようと頑張ってたんですよ。
まあ、僕のギャグとか別に面白くないのかもしれませんけど、
島田伸介似の社員の人から、
「エコひろし君、コボちゃんを笑わせたら一万円あげるよ」
と言われていたので、結構本気でギャグに取り組んでいたんですけど、
これならコボも!渾身の一作!!!みたいな、かなり自信作のギャグでも、
どんなに頑張っても「ふふふ・・・」
ぐらいしか笑わせられなくて困っていました。
念のため言っておきますけど、
僕のギャグのレベルがどうとかそういうんじゃないですよ。
コボが笑わなすぎなんですよ。
伸介には、「ふふふ」でも相当ほめられましたから。

で。
コボの興奮にやられながら、コボに連れられて、
給湯室に行きました。
何やら白い粉がありまして。
なるほど、全て合点がいきました。
オ○ニーどころか、コボは麻薬中毒なんだ。
薬が切れてるからいつも笑わないんですね。
僕の最上級のギャグでも、そういう事では仕方がないですよね。
そう言われて見れば、何となくコボって、
挙動不審でしたし。

続く。

関係ないけど、もう明らさまだと思うわけですよ↓
別窓 昔話 コメント:8 トラックバック:0 top↑
コボ①。
2009-08-16 Sun 23:44
拝啓、尾沢さん。

学生のとき、
「よく分からないけど、これからは国際。だから私は外資系」
とか適当な理由で一時期、外資系の会社でバイトをしていました。
何をするかというと、残業している社員の皆さんに、
夜食の買い出しに行ったり、適当に電話番したり、
鼻クソほじくったり、まあ、はっきり言って雑用係。
その雑用って言うのも、別にやることなんてあんまりなくて、
相当に暇をもてあまして、必要もない原稿を大量にコピーして、
そのままシュレッダーしたりとか、
罰当たりな作業で時間をつぶしたりなんかして。
まあ、そんな暇なポジションに何故か、
僕のほかにもう一人、コボちゃんという、
今となっては何がどうしてそう言うあだ名になったのか、
まったく意味の分からない、
理数系の大学に通う、化学娘がいました。
コボはどこからどう見ても理数系というか、
非常に地味な娘さんで、ルックス的にもオバっぽさ満載。
「エコひろしさんの大学は楽しそうで羨ましいです。私の大学はオタクばかりで溶け込めません」
とか言ってるわりには、どこからどう見てもマニアっぽいコボ。
クロスワードパズルが趣味だって言うし、どちらかと言うと、
コボのほうがオタク界を率先してるんじゃないかと思われるんだけど。
まあその、仲良くしても楽しくなさそうな感じの人なので、
適当に距離を置きつつも、ヴィジュアル的に、
僕の笑いのスイッチを押しまくっているので、
意外と仲良しのフリとかしてみたりして、
僕の観察対象となっていました。
で。
コボは時々、謎めいた行動を取るというか、
仕事中だって言うのに、30分とか平気で行方不明になるんですね。
常に大学ノートを肌身離さず携帯していて、
思い出したように、何かを書きとめたりなんかしているんですよ。
まあ、行方不明になろうが、
仕事なんて、あってないようなもんだし、
コボがいない間に、僕は僕でコボのクロスワードなんかを、
断りもなく勝手にやったりしてました。

続く。
別窓 昔話 コメント:6 トラックバック:0 top↑
食べられません。
2009-05-24 Sun 20:23
拝啓、尾沢さん。

先日、まずいラーメン屋さんの話しをしましたけど、
昔から、ますい物への探求心みたいなものがありました。
大学の近くにあった喫茶店がとにかく不味くて、
コーヒーからして、何だよ?この茶色い液体は?みそ汁?
というような意味の分からない感じで。
その中でもおすすめなのがミートソースライスという、
ご飯にミートソースをかけてしまったという創作料理。
くそ不味。
素直にミートソース・スパにすればいいのに、と思うでしょ?
とんでもない。
パスタなんてもっと不味いですから。
日替わり定食があるんですけど、
4年間いつ行っても同じメニューなんですね。
僕が1年生の時の4年生が入学した時から、同じらしいので、
最低でも8年間は日替らなかったってことですよね。
「日替わり」とかうたってしまって、
景品表示法に抵触しないのでしょうか。

まあ、そんな事を考えていたら、
思い出したことがあるんですよ。
皆さん、うまかろう安かろう亭って知ってます?
かの、オ○ム真理教が経営していた。
これ、ググってもらえば分かるんですけど、
とんこつラーメン店と定食屋の二種類があって、
僕の学校の近くには、定食屋の方がありました。
もちろん行きました。
まあ、当時はオ○ムかどうかなんて知る由もなかったので、
ただの不味い定食屋と思っていた訳ですよ。
でも、なんか明らかに様子がおかしいんですよ。
何が?と聞かれたらあまり覚えていないんですけど、
なんだか、意味の分からないビラが貼ってあったり、
ヒーリング・ミュージックのようなものが店内に流れていて、
定食屋の雰囲気ではなかったような気がします。
あと、変な清涼飲料水のようなものを販売していた事を覚えています。
ググってみると、アストラルドリンクというそうです。
今思えば、飲んでおけば良かった、と後悔してます。
食に関しては結構チャレンジャーを自負しておきながら、
こういうところが、ツメが甘いんですよね。
なんだろう、アストラルって?

まあ、味のほうは普通に不味くて、印象には残っていないんですが、
うまくもなければ、安くもない感じでしたね。
でも、圧倒的にこの店やばいな、と思ったのが、店員。
服装は、今思えば上祐とかが着用していた、
ああゆうヤツだった気がするし、かなり薄汚い。
それよりも何よりも、やばいのがまかない。
店内のトイレと調理場の間のちょっとした隙間みたいな所ってなんて言うの?
踊り場?
絶対、違うと思うけど、なんて言うのか分からないので便宜上、
踊り場と呼ばせてもらうよ。
ていうか、そもそも踊り場って何?
ついでに聞くけど、犬走りとかって何?

まあ、どうでもいいけど、普通食事をするところじゃないような隙間(通称:踊り場)で、
床に座って、まかないを食べているんですよ。
そのまかないっていうのが、これまた不思議で、
ご飯(白米ではなさそう。もしかしたら米じゃないかも)の上に何か、
見たこともない食材をのっけただけのもの。
僕は勝手に、キャットフードと呼んでいたのだけど。
あの、まかないだけは、さすがの僕も食べたくないですね。
見た目がおかしいですもん。
あれ何?
誰か、入信してた人、いたら教えて。
あと、アストラルドリンクも。

あの頃って、みなさんが気がつかないところというか、
結構身近なところで、オ○ムが活動してたりしていたと思う。
僕の兄なんか、いつもの電車に乗ってたらサリン被害にモロ遭遇していたし、
その実験となった長野県の異臭事件で同僚が被害にあって葬式に行ったりしてました。
あやしいね。
兄も。

結論として、koyanさんが作ったカレーとか危なっかしいよ。

Ssan.gif
じゃーんけーん、





















ぽんっ!
2991981088_3b1e609421.jpg
拍手してみる
あざーす!
別窓 昔話 コメント:8 トラックバック:0 top↑
時効。
2009-05-13 Wed 22:17
拝啓、尾沢さん。

先日の交換日記とともにみつかった僕の小学生時代の作文です。
これ、おそらく文集か何かになったものと記憶してます。
とても正義感の強い子供でした。


ぼくはあたまはそんなには悪くないですが、成せきがよくないです。

でもぼくはそんなにわるいひとではありません
なぜかというと、そうじをしたり、あと、ドッチボールのじんちとりとかちゃんとしてますから

あと、ぼくは前にごとうさんがびょう気になってしまったときもちゃんとたすけました
なにをしたかというと、ごとうさんがはいたあとかたずけをしたり、ごとうさんのいえにプリントをとどけたりしたのです。

それから、あとは、ぼくはわるいことはしません
まえにタカシがガムをとったときもぼくは「いらない」といいました。
ガムはだれでもみんな食べたいですが、ぼくはぬすんだものはいらない。
あとはみんなカッチンでインベーダーゲイムをやっているけれどもぼくはやりません。
だいたいぼくはゲイムは反対です。子供からお金をとる大人はいけないひとたちだと聞きましたから


ヤバイよこれ。
平仮名ばっかりだし。
なんだよ、”ゲイム”って?

まずは前置き。
”ドッチボールのじんちとりとかちゃんとしてますから ”
ってなんか、それはもう、
「ほら、僕ちゃんとやってますよ。だから文句ありませんよね?」
って感じで我が物顔ですが、
その程度じゃ大して世の中の役には立ってませんし、
しかも、自分の武勇伝をひけらかすことが優先されて、
”ごとうさんが吐いた”とか、
ごとうさんへの配慮なんて一切なし。
今となってはごとうさんが一体どこの誰だかも分かりませんが、
多分、女子だと思う。
女子が”吐いた”とか一生残る文集にしたため。

タカシがガムを盗んだ事をさりげなく暴露したりしてますね。
最悪です。
でもいいんですよ。
そもそも、タカシの家は駄菓子屋さんだし、
別に犯罪としては決定打にかける感じなんだから。

しかし。
カッチンって、確か、電子ライターの中の着火器具を取り出して、
それをゲーム機のお金を入れる場所でカチカチやると
タダでゲームができるというような犯罪行為なんですよ。
近所の中学生がやってました。
「そんな違法行為は許せません!」みたいに言ってるわりには、
悪党中学生がタカシの家の軒先のゲーム機で
カッチンをやっていて、タカシと僕で、
「犯人を見たらこらしめてやろう!」ということで、
意気揚々と水風船を、これまた店先から大量にくすねてきて、
2人で用意した思い出があります。
結局、「殺されるかもしれない」って結論に達して、
なにも出来ないというヘタレっぷり。
もっと最悪なのが、
そんな風にタカシ側の立場を表向きには擁護する姿勢を見せながらも、
この悪党中学生グループから、
「だれにもいうなよ!」と言われ、
当時母親から、「絶対に飲んではいけない!」と言われていた、
”ちびっこコーラ”という、わけのわからない飲み物を買ってもらうことで手をうって、
カッチンをしているところを見て見ぬフリをし、
なんなら僕も3回に1回ぐらいゲイムをやらせてもらったりして、
タカシの影で裏切り行為に手を染めていました。
”わるいことはしない”ときっぱり言い切っているにも関わらず、
よく考えると、タカシも裏切ってますし、
中学生からもちびっこコーラをエサに
「だれにもいうな」と言われながらも、
いとも簡単に文集で告発したりして、
ダブルでの裏切り。
よく生きてこれたと思う。

Ssan.gif
じゃーんけーん、





















ぽんっ!
02-bd48a.jpg

拍手してみる
あざーす!

別窓 昔話 コメント:6 トラックバック:0 top↑
 拝啓、尾沢さん。  NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。